外壁改修・塗装工事

外壁改修・塗装工事の必要性

外壁は風雨や熱、紫外線の影響を受け続けています。また、経年による物理的な劣化も避けられません。劣化を放置しておくと、最悪な場合、大規模な改修工事が必要となります。劣化を放置せず、早めの対応をすることで、修繕費用を抑え、建物の寿命を延ばすことができます。また、建物の外観や快適な居住空間を守る為にも、定期的な点検、メンテナンスは必須です。

外壁改修工事の時期

一般的に築10年前後が外壁改修工事の目安とされていますが、使用されている塗料やタイル、建物の環境によって異なってきます。以下のような症状が見られるようでしたら、外壁改修工事をお早めにご検討ください。

  • 外壁のひび割れ、タイルの剥離
  • 手に白い粉がつく
  • シーリングの劣化
  • 前回の改修工事から10年以上、経っている

劣化事例の紹介

年数の経過とともに建物は少しずつ劣化していきます。以下のような劣化症状を見かけたら要注意。そのまま放置せず、お気軽にご相談ください。

ひび割れ

手に白い粉が付く

シーリングの劣化

鉄部の錆

高清の防水工事

きれいな外観で入居率アップのお手伝い

ひび割れやタイルの剥落といった外壁の劣化は建物の寿命だけでなく、建物の外観も大きく損ないます。外壁改修・塗装工事で、適切なメンテナンスを施すことは、建物の寿命を延ばすだけでなく、外観を美しく魅力的に保ち、アパート、マンションの入居率アップにも繋がります。

外壁、タイルの落下を防止して安全性をアップ

劣化による外壁タイルの落下事故にともない、行政機関による外壁タイル落下防止の為の注意喚起が行われているところもあります。人身事故に繋がる恐れもある、これらの事故を防止する為にも、定期的な点検、メンテナンスを行い、事故の防止、安全の確保に努めることは建物管理者の責務です。

施工実績

屋根補修工事