床リフォーム工事の特徴
暖かみのあるフローリングも経年変化で、傷がついたり、きしみが出て来たり反りが出る場合、リフォームのタイミングになります。
フローリングの元の素材(合板・無垢の板)により症状が出る時期も変わって来ます。タイルの場合は、割れや剥がれ、ビニールの場合は、汚れや経年変化によるヒビが入って来た時がリフォームのタイミングです。
また、和室を洋室にリフォームすることや、洋室を和室の畳み敷にリフォームすることも可能です。
一般的には洋室に使われています。自然素材の無垢材から比較的安価な、樹脂化粧シート貼り床材等、デザイン・カラーも豊富です。リフォームの際には建具と素材やカラーを合わせ統一感のあるインテリアに。
馴染みの深い畳、和室だけではなく、リビングのコーナーに設けアクセントでの活用も可能です。ふちの無い畳に変更し洋間との相性の良い風合いのものもございます。
クッションフロアとは素材がビニールで、主に洗面所や、水廻りのリフォームに使われることが多く、柄も多彩で、汚れもふき取りやすく貼り替えも比較的容易で安価な素材です。
タイル材は水廻りのリフォームに使われることが多く見られましたが、最近では素材の進化に伴い、床暖房にも使えるものも出て来て、使用の範囲が広がりました。

床工事・クリーニング 参考価格:※㎡数や数量によって金額は異なります。
 ダイノック  1枚16,000円~
(8枚梱包)
 床
 フローリング
 ㎡=5,000円~
 床 CF ㎡=2,500円~
 床
 タイルカーペット
 ㎡=2,200円~
 エアコン洗浄 1台10,000円~
 ハウス
 クリーニング
 居住中
 ワンルーム
 30,000円~
 引越前・後
 25,000円~

板橋区のリフォームのことなら高清へ