防水工事の特徴
マンション ビルの屋上防水リフォーム工事は、主に雨漏りから建物を守るための工事です。雨漏りは天井や壁などの内装の汚れを招き、大切なお住いにダメージを与えてしまいます。雨漏りがしていなくても部屋の中に届くまでに、壁の内側に雨がたまり、 雨漏りが原因で木部が腐食したり、室内のクロスカーペットがめくれてきたりすると、その修繕に大きな費用がかかってしまうものです。定期的な防水リフォームで建物を守りましょう
屋上・ルーフバルコニー・ベランダ・庇・
外壁・階段・外廊下床・駐車場
防水工事の時期・タイミングと必要性について
防水工事は工法にもよりますが、およそ10年の耐用年数があります。
耐用年数を経過すると雨漏りや、家の内部に深刻なダメージを与えかねません。
防水剤の耐用年数を経過した時が、防水工事のタイミングになります。
マンションの屋上等の防水リフォームにて注意が必要なのが、前回どのような工法で施工を行ったか?また現在の土台の状況によって、次の防水工事の工法の選択肢が変わって来ます。
状態を見極めて、お客様に合った最善の工法にて対応いたします。
防水改修工事は、既存の防水方法によって、適切な工法を選択する必要があります。 主な防水工法は「ウレタン防水工法」「アスファルト防水工法」「シート防水工法」「FRP防水工法」などがあります。適切な防水工法は、現場の調査・診断(無料)をさせて頂いております。お気軽にご相談下さい。
水平な屋上だけでなく、複雑な形状の屋上でも施工ができ、つなぎ目の無い塗膜で美観に優れた防水ができます。また、ウレタン防水の大きな特長のひとつが重ね塗り改修(オーバーレイ改修)が可能なこと。既存防水の上に同系樹脂を塗布することで防水層を復旧・補強できるため経済的な改修が可能です。
新築またはアスファルト防水の改修時に多く使用される防水です。アスファルトを合成繊維に含ませたルーフィングというシートを何層も重ねることで防水層を形成する工法です。 溶解したアスファルトは粘着性をもち、水の浸入を防ぐ接着剤として有効で、防水性能に高い信頼があります。
既存の防水の状態が非常に悪い場合に有効な施工方法で、既存防水の上から新規防水層を穴を開けてアンカーにて固定する。また化粧性に優れ、在来積層品より押し出し成型品はピュア塩ビと呼ばれ耐久性があります。
FRPというガラス繊維で強化されたプラスチック樹脂を用いた防水工法です。柔軟性のある素材なので、地震等の揺れにも下地が追従し、表面にヒビが入りにくく、強度に優れています。
また、FRP防水は保護層が不要のため、防水層の重量が無く、建物を補強しなくても施工可能です。
タイルや、窓サッシの接合箇所にある目地のゴム状のものをシーリングと呼びます。これは内部への空気や水の浸入を防ぐ役割を果たし、劣化すると漏水の原因になります。既存のシーリングを撤去し新たなシーリング材を注入したり、シーリング材を旧来のものへ充填いたします。
コンクリート内の鉄筋の錆等により、壁面のひび、欠損、浮きなどを状況に応じて、修復する作業です。注入工事では、エポキシ樹脂を充填し、躯体のコンクリートとモルタル、タイルとの剥離を解消いたします。
防水工事 参考価格:※㎡数や数量によって金額は異なります。
 ウレタン防水 (耐用年数 2~10年) ㎡=3,500円~ 
 アスファルト防水 (耐用年数 15~30年) ㎡=5,000円~
 シート防水 (耐用年数 10~15年) ㎡=6,500円~
 FRP防水 (耐用年数 10年) ㎡=7,500円~
 シーリング工事 =600円~


防水工事
板橋区のリフォームのことなら高清へ