タイル工事の特徴
タイルは、コンクリート躯体に接着し守る役目を持っています。目地の箇所はモルタルによって埋められていています。目地のモルタルの劣化や、タイルの剥がれ破損によって、コンクリート躯体自体にダメ−ジが及び、安全面での問題場合も発生いたします。 汚れや、ひびの入った建物は資産の価値も低くなり、入居率にも影響を与えて来ます。建物の美観を維持するのと共に、建物の寿命を守るためにも必要な工事がタイルリフォーム工事になります。
タイルリフォーム工事の種類について、破損やヒビの入った箇所の補修、目地の劣化箇所の補修、汚れてしまったタイル箇所の洗浄等、状況に合わせた様々な施工がございます。
ここでは一般的な工法を紹介いたします。
破損箇所や、浮いてる箇所を調査し周りのタイルに合わせて違和感の無いように仕上げていきます。
外壁調査によってタイルの剥がれそうな箇所も診断いたします。
経年変化や、周りの環境により、たまった汚れやコケを高圧洗浄をします。また試験施工を行い洗浄の効果を調査した後、酸性洗浄薬液を使用し、弱くなった塗膜を剥がします。タイル・壁本来の輝きを取り戻します。
タイル工事 参考価格:※㎡数や数量によって金額は異なります。
 タイル交換工事 1枚600円~ 
 タイル洗浄工事 ㎡=700円~

板橋区のリフォームのことなら高清へ