外装リフォームとは?
外装リフォームとは、建物の寿命を35年をすると、5~7年目・19~22年目くらいに防水層の劣化を防ぐトップコートを塗り替え、12~15年目・28~30年目くらいにウレタン防水材を塗り増しする。このようにこまめに防水工事によるリフォームをしたほうが、長い目で見ると大きなコストダウンにつながります。建物を美しく彩ることと、建物を劣化から守ること。それが外装リフォームの役割です。いつまでも美しく、健康な建物のためには、外壁のメンテナンス・リフォームがとても重要です。
こんなことありませんか?
10年以上外壁の塗り替えをしていない 窓枠まわりのシールのひび割れ、キズ、腐食 タイルのひび割れや、剥離がおきている。
手で壁を触ると白い粉がつく(チョーキング) ベランダや屋上の防水層の表面に膨れや亀裂がある 壁面のひび、欠損、浮きがある。
塗装工事のタイミングです。 防水工事のタイミングです。 外壁工事のタイミングです。
板橋区のリフォームのことなら高清へ